外壁におけるシーリング施行とは

query_builder 2023/09/02
コラム
56

管理する建物を守るため、必ず知っておかなければいけないのがシーリング施行です。
シーリング施行をどのように行うかによって、建物の寿命は大きく変わってきます。
今回は、外壁におけるシーリング施工について紹介していきます。

▼シーリング施行とは
シーリング施行とは、建物のつなぎ目や隙間などに高度の防水性・機密性をもたせる工事のことです。
雨水の侵入を防いだりするだけでなく、地震や強風による強い揺れを受けたときに建物の部材のつなぎ目を守り、漏水等を防ぐこともできます。

▼シーリング材のメンテナンス
これほど重要な役割を果たすシーリング施行ですが、重要になるのが定期的なメンテナンスです。
常に外部環境にさらされて建物を守るシーリング材は、紫外線などの影響もあり数年でひび割れ等の劣化が起こります。
このようになってしまうと、水を通す隙間を防ぐことができなくなり、本来の役割を果たせなくなります。
また、放っておくと建物はどんどん劣化してしまうので、シーリング施行が建物の寿命を変えると言われている由縁とも言えます。

■シーリング材の種類
一般的にシーリング材・コーキング材は不定形なものを指し、高粘着性を持つのが特徴です。
もともとはペースト状をしていて、シーリングを施したい隙間に流すと変形してゴム状に固まります。
さらに、成分によって耐久性や耐熱性に優れたもの、密着性に長けているものなどがあります。

▼まとめ
シーリング施工は、建物に長く安心して過ごすためにとても重要な工事になります。
定期的にメンテナンスを行うことで、劣化を防ぎ寿命を延ばすことができますよ。
弊社では、劣化状況に合わせてシーリング施行で素地調整を行っております。
豊富な知識とお客様に寄り添ったアドバイスを提供し、シーリング工事を行っていますので、是非お気軽にご相談ください。

NEW

  • 屋根塗装業者を静岡市でお探しの方

    query_builder 2021/09/29
  • 外壁塗装した後に色褪せするのはどうして?

    query_builder 2024/03/02
  • 外装塗装で塗りムラが生じてしまうのはどうして?

    query_builder 2024/02/01
  • 外壁塗装で液だれが発生する原因って何?プロが詳しく解説します

    query_builder 2024/01/03
  • 外壁塗装のトラブルで相談するならどこ?おすすめの窓口を紹介します

    query_builder 2023/12/05

CATEGORY

ARCHIVE