屋根塗装はどんな流れでおこなう?行程をご紹介

query_builder 2022/08/15
コラム
42

屋根塗装は、家を安全な状態にするためにも必要不可欠なものです。
しかし、時間の経過とともに段々と劣化してしまうので定期的に屋根塗装をおこなう必要があります。
では、屋根塗装はどういった流れで進むのでしょうか。
今回は、屋根塗装の流れについてご紹介します。

▼屋根塗装の流れについて
①足場の設置
まずは足場の設置をして、塗料の飛散防止や安全性を保ちます。
屋根の角度が急であれば、家の周りだけではなく屋根の周辺にも設置します。

②高圧洗浄で汚れを落とす
屋根のカビやコケなど、汚れを高圧洗浄機で汚れを落とします。
汚れを落とすことによって、塗装の土台を整えます。

③下塗り
屋根塗装はいきなり塗るのではなく、下塗りをして密着性を高めます。

④タスペーサーの設置
屋根のタスペーサーを設置します。
設置することにより、屋根の隙間に塗料が入りこむのを防ぎます。

⑤塗り作業
屋根の中塗りをおこなって、上塗りをします。
使用する塗料は基本的に同じです。
上塗りすることにより、塗料に厚みを付けて雨水などによる劣化を防ぎます。

⑥確認作業
塗装が終わったら、屋根の形や勾配、劣化に合わせて適正な塗装ができているか確認します。

▼まとめ
今回は、屋根塗装の流れについてご紹介しました。
屋根塗装は怠ってしまうと、家の劣化に繋がるので気になったらすぐに業者などに連絡をして、対処してもらいましょう。
また、当社では屋根塗装の作業を承っています。
屋根塗装を依頼したい場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 屋根塗装業者を静岡市でお探しの方

    query_builder 2021/09/29
  • 屋根塗装の剥がれの原因とは?対策方法も紹介

    query_builder 2022/09/15
  • 屋根塗装の種類について解説

    query_builder 2022/09/01
  • 屋根塗装はどんな流れでおこなう?行程をご紹介

    query_builder 2022/08/15
  • 屋根塗装の耐用年数はどれくらい?詳しく解説

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE