屋根塗装を見直す時期とは?施工に適した季節も紹介

query_builder 2022/07/15
コラム
40

屋根のメンテナンスを怠ると、住宅全体にも悪影響を及ぼしかねません。
しかしながら、いつ頃を目安に屋根を塗り直せばよいかわからないですよね。
今回は、屋根塗装の見直しに適した時期について紹介します。

▼屋根塗装の見直しに適した時期について
■屋根塗装の見直しの目安
一般的に外壁の塗り替えの目安は10年ごとですが、屋根の場合は約8年が塗り替えの目安の時期です。
屋根は雨や紫外線にさらされやすい場所であるため、耐用年数が外壁よりも短くなります。
また前回の塗装から8年を経過していない場合でも、雨漏りや色あせ、剥がれやひび割れなどの劣化症状がみられた際には塗り替えを検討した方がよいでしょう。

■屋根塗装に適した季節
塗装をおこなうにあたっては、湿度85%未満、気温5℃以上が基本条件となります。
この条件を満たしていないと、塗料の乾燥が不十分となるため塗装ができません。
季節としては、気候が安定していて雨が少ない春や秋が適しているでしょう。

夏は塗料が乾きやすいものの、季節性の突発的な雨の影響などで工期が伸びる場合があります。
冬の場合は、気温の低さや積雪により工期の延長や施工不可となる可能性を視野に入れた方がよいでしょう。
梅雨や台風の時期の屋根塗装も避けることをおすすめします。

▼まとめ
屋根塗装には、見直しの目安となる時期や症状があります。
定期的に屋根を点検し、適切な季節に塗り替えをするようにしましょう。
当社では、住まいの状態に適した屋根塗装をおこなっています。
屋根塗装をお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 屋根塗装業者を静岡市でお探しの方

    query_builder 2021/09/29
  • 屋根塗装における色選びのポイント

    query_builder 2022/12/05
  • 屋根塗装の必要性について

    query_builder 2022/11/03
  • 屋根塗装にかかる期間について

    query_builder 2022/10/01
  • 屋根塗装の剥がれの原因とは?対策方法も紹介

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE