屋根に苔が生えた時の対処法

query_builder 2022/07/01
コラム
39

屋根に苔が生えることがありますが、「たかが苔」と放っておく方は多いのではないでしょうか。
しかし屋根に生えた苔は、屋根の劣化のサインかもしれません。

▼屋根に苔が生える理由
苔は、水分の多い場所を好みます。
屋根に苔が生えているということは、その場所の水はけが悪くなっていることを示します。
こういったことから屋根に苔が生えている場合、塗膜が劣化し防水性が低下している可能性があります。

▼屋根に苔が生えているときの対処法
屋根に生えた苔を放っておくと、屋根の美観を損なうだけでなく屋根の防水性をますます低下させることにもなります。
水分は屋根材を傷める原因となりますので、放っておくと屋根の劣化をますます進行させる要因になってしまいます。

屋根に苔が生えているのを見つけたら、まずは苔をきれいに洗い流しましょう。
しかし屋根の上に登るのは大変危険なので、必ず専門の業者にお願いしてください。
それでも苔が発生する場合は、屋根の防水性が低下している可能性が高いので、屋根を塗装し直し防水性を回復させる必要があります。

▼まとめ
屋根に生えた苔は、放って置かずに適切に対処をしましょう。
苔が生えているということは、屋根の塗膜が劣化している可能性があるため屋根の塗り直しの検討もおすすめします。
当社では、屋根の塗装やメンテナンスを承っております。
耐久性の高い塗料もご用意しておりますのでご相談ください。
お見積もりは無料で行っておりますので、まずはお見積もりだけでもご依頼ください。

NEW

  • 屋根塗装業者を静岡市でお探しの方

    query_builder 2021/09/29
  • 屋根塗装はどんな流れでおこなう?行程をご紹介

    query_builder 2022/08/15
  • 屋根塗装の耐用年数はどれくらい?詳しく解説

    query_builder 2022/08/01
  • 屋根塗装を見直す時期とは?施工に適した季節も紹介

    query_builder 2022/07/15
  • 屋根に苔が生えた時の対処法

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE