屋根のメンテナンス時期は?

query_builder 2022/06/15
コラム
38

屋根は普段見えにくい部分なので、劣化が進行していても気がつきにくいでしょう。
そこでここでは、メンテナンスの時期の目安やメンテナンスを考えるサインなどをご紹介しましょう。

▼メンテナンスの時期の目安
屋根のメンテナンス時期は、屋根の種類により異なります。
主な屋根の種類ごとのメンテナンス時期は以下の通りです。
また屋根には防水シートが施されていますが、このシートの耐用年数はおよそ20〜30年となっています。

・化粧ストレート…7〜10年
・アスファルトシングル…10〜20年
・ガルバリウム…15〜20年
・セメント瓦…10〜15年
・日本瓦…20〜30年

日本瓦自体の耐用年数は50年以上ですが、防水シートの耐用年数が20〜30年なのでその頃にメンテナンスを考えましょう。

▼屋根の劣化サイン
屋根の劣化サインは、屋根の種類ごとに異なります。
サビ、コケや藻の発生など軽い劣化のうちにメンテナンスをすることをおすすめします。

なお屋根の状態を確認するには、屋根に登る必要がありますが、危険が伴います。
屋根の状況の確認は、専門の業者に依頼しましょう。
屋根の調査の依頼は雨漏りなど目に見える不具合がない場合、8〜10年に1度依頼すると良いでしょう。

▼まとめ
屋根のメンテナンス時期は、屋根の種類により異なります。
劣化を早めに発見するため、8〜10年に1度調査を依頼すると安心ですね。
当社では、屋根のメンテナンスを承っております。
状況を細部までしっかりと確認してから最適なプランを提示いたします。
予算も考慮いたしますので、遠慮なくお申し付けください。


NEW

  • 屋根塗装業者を静岡市でお探しの方

    query_builder 2021/09/29
  • 屋根塗装はどんな流れでおこなう?行程をご紹介

    query_builder 2022/08/15
  • 屋根塗装の耐用年数はどれくらい?詳しく解説

    query_builder 2022/08/01
  • 屋根塗装を見直す時期とは?施工に適した季節も紹介

    query_builder 2022/07/15
  • 屋根に苔が生えた時の対処法

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE